世界遺産の温泉・温泉津の薬師湯は、日本温泉協会の天然温泉の審査で最高評価の「オール5」を受けた100%本物のかけ流し湯温泉です。自然湧出で源泉脇。しびれるような心地良い「生の温泉」は、体を芯から温めてくれ、免疫力アップや未病対策に好評です。オール5は山陰では薬師湯だけです。

薬師湯 湯婆婆ブログ

世界遺産登録10周年

投稿日:2017年01月03日 / 記事カテゴリー:

  明けましておめでとうございます。

旧年中は全国各地から、大勢の皆様にご愛顧をいただき誠に有難うございました。
 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 温泉津は、石見銀山・世界遺産の一角に位置しています。

今年は石見銀山が世界遺産に登録されて10周年になります。
これから様々な記念事業や行事が行われますので、皆様も機会を作って、
温泉津へお越しくださいませ。

 

 さて今年の温泉津は天気に恵まれ、穏やかな新春を迎える事が出来ました。

 薬師湯の元旦は入り初め式で始まります。

源泉には、地元でついた鏡餅や地元産のお神酒、お塩、お米をお供えします。
また薬師湯旧館・2階の薬師の間に開業当初からおまつりをしている「お薬師様」にも
鏡餅をお供えしてお参りをし、先ずは泉源主が入湯し、引き続き関係者も入湯します。
こうして薬師湯の一年が始まります。

 薬師湯の源泉は自噴で、男湯浴室の左側・10メートル位の所にあり、
地下2~3メートルの岩の間から湧き出ている自然湧出の温泉です。

源泉はほぼ空気に触れる事なく、そのまま浴槽に注ぎ込んでいるため、
普通であれば抜ける炭酸成分が豊富に含まれたままの状態で、
皆様にご入湯いただいているのが薬師湯です。

温泉成分に炭酸と共に、メタケイ酸も沢山含まれており、
そのため温泉ソムリエの家元(遠間和広氏)に「ダブル美肌の湯」と
評価・表現された温泉です。

今年も皆様のお越しをお待ち申し上げております。

皆様にとって良いお年でありますようにお祈り申し上げます。