薬師湯 温泉津温泉 〜 石見銀山 世界遺産の温泉 〜

震湯カフェ内蔵丞(くらのじょう)

大正ロマンの木造洋館(薬師湯 旧館)

大正ロマンの木造洋館(薬師湯 旧館)

温泉津に現存する温泉施設として最古で、建築学的にも貴重な建物といわれる薬師湯の旧館をカフェにしました。

大正ロマンと昭和のレトロな風情があふれる新旧の薬師湯(湯元)は、観光客を魅了し、撮影スポットにもなっています。向かって右側のギャラリーは昔、女湯で、左側の重厚な家具調度品が好評のカフェ・内蔵丞は、男湯の更衣室でした。屋根から突き出した湯気だし塔や装飾棟を始め、ステンドグラスや軒下のアーチの細工などが珍しく見事です。

震湯カフェ内蔵丞

まるでタイムスリップしてきたかのような空間

右側のギャラリーは昔、女湯で、左側の重厚な家具調度品が好評のカフェ・内蔵丞は、男湯の更衣室でした。

右側のギャラリーは昔、女湯で、左側の重厚な家具調度品が好評のカフェ内蔵丞は、男湯の更衣室でした。

柱1つとっても、当時の名残を感じることができます。

柱1つとっても、当時の名残を感じることができます。

重厚な雰囲気とアンティークな調度品

重厚な雰囲気とアンティークな調度品
重厚な雰囲気とアンティークな調度品
震湯ギャラリー

震湯ギャラリー

町営バスの運転手だった森さんが、温泉津の海岸でご自身で集めた流木で作った額で展示しています。

歴史的な建物と内藤家に伝わってきた家具調度品などに囲まれて、ゆったりと過ごされませんか。 きっと日常のお疲れを癒やしていただけるのではないかと思います。

明かりが灯るとまた違う世界

温泉津の町並み

日が暮れ、明かりが灯りはじめると幻想的な雰囲気になります。

路地からの眺めも絵になります。

路地からの眺めも絵になります。

まるでタイムスリップしてきたかのような空間

「五感で感じる至福の湯」の薬師湯は、薬効豊な温泉と共に、屋上のガーデンテラスから町並みの眺望や緑豊な山々や小鳥のさえずりなど、自然浴をお楽しみいただいています。 

このカフェの前の路地から木造洋館を撮影するのが、温泉街の中のベストスポットとなっています。このノスタルジーに溢れる町並みを目と肌で感じて下さい。

お食事

内蔵丞では、他では味わえない大正ロマンそのものの空間を味わっていただきながら、皆様に「美味しい!」と喜んでいただけるお食事・本格イタリアンコーヒー等を ご準備しております。また、お客様の心を和ます笑顔で対応しております。皆様のお越しをスッタフ一同心よりお待ち申し上げております。

目玉は、温泉津の奉行飯(商標登録)です。こちらは、石見銀山・世界遺産にまつわる内藤家に口伝で伝わってきた食事です。それに季節の野菜を薬師湯の源泉で蒸す「野菜蒸し」、温泉卵など、いずれも薬師湯ならではのメニューの数々です。

江戸時代の奉行飯 [商標登録]

江戸時代の奉行飯 [商標登録]

自家製  内蔵丞カレー

自家製 内蔵丞カレー

健康茶 300円

健康茶

温泉カプチーノ

温泉カプチーノ

内蔵丞コーヒー

内蔵丞コーヒー

特製「氷アイスコーヒー」

特製「氷アイスコーヒー」

雑穀プディング

雑穀プディング

薔薇シフォンケーキ

薔薇シフォンケーキ

アフォガート

アフォガート

その他にもメニューがございます。
アレルギーのある方・苦手な具材が入っている方は、お気軽にスタッフまでお知らせください。

営業時間

営業時間:11:00~17:00(ラストオーダー16:30)
定休日:木曜日(年末年始※要問合せ)
電話番号:0855-65-4126